スポンサーリンク

高梨沙羅平昌オリンピックの結果は?日程や日本放送時間&メダル予想!

Pocket
LINEで送る

2018年2月9日から開催される平昌オリンピック!近づくにつれテレビでも盛り上がりを見せてますね!前回日本スキージャンプ代表選手をご紹介しましたが、今回はスキージャンプでももっとも注目されている「高梨沙羅」選手についてお伝えします(^^♪

こんにちは!なつなこです☆

高梨沙羅選手と言えば惜しくも、前回のソチオリンピックでメダルが期待されている中4位という結果に終わり、この平昌オリンピックでのリベンジが期待されている選手ですね!そんな高梨沙羅選手の平昌オリンピックの日程や日本放送時間、そしてメダル予想・結果をお伝えしたいとおもいます!

♦高梨沙羅選手スキージャンプ結果!♦

こちらはわかり次第追記させていただきます!!

高梨沙羅選手おめでとうございます!!

念願のメダル獲得!!

『銅』メダル

獲得ですーーーー(涙)

♦1回目:103.5m  120.3p

♦2回目:103.5m  123.5p

♦合計:243.8p

やはり、ライバル選手のマーレン・ルンビ選手・カタリナ・アルトハウス選手も

素晴らしいジャンプでした!

本当に高梨沙羅選手、ソチオリンピックのリベンジが出来てよかったですね(^^♪

もう一度感動を↓↓↓

♪伊藤有希選手の結果はこちらから♪

 ⇓     ⇓     ⇓

いよいよ平昌オリンピックスキージャンプ女子日本代表が始まりますね!!高梨沙羅選手と同じく注目されている伊藤有希選手! こんにちは!なつ...

♦高梨沙羅スキージャンプ経歴♦

まず、今回の平昌オリンピックでもっとも注目されている「高梨沙羅」選手の経歴についてまとめてみました!

高梨沙羅選手は、お父様が元スキージャンプの選手の高梨寛也さん、そしてお兄さんもスキージャンプの選手高梨寛太さん。スキージャンプ一家で育った沙羅選手も小学校2年生の時からアルペン用スキーを始めたようです。

2009年3月3日の蔵王で行われたスキージャンプ・コンチネンタルカップに初出場し19位、翌2010年3月2日の蔵王大会で初の3位入賞!ここから高梨沙羅選手の快進撃がはじまります!!

♦2011年2月19日 

ラムサウ(オーストリア)コンチネンタルカップにて女子選手史上最年少優勝し翌20日に行われた大会でも優勝と2連勝。

♦2011年11月29日

ロヴァニエミ(フィンランド)コンチネンタルカップにて優勝し通算3勝目となる。

♦2012年2月

エルズルム(トルコ)ジュニア世界選手権で個人と団体の2冠達成

♦2012年3月3日

山形県蔵王(日本)ワールドカップ第11戦 日本人女子選手として初優勝。

♦2012年11月24日

リレハンメル(ノルウェー)ワールドカップ大会にて初優勝。

これより全16戦中14戦を終えた時点で8勝をあげ、残り2戦を残し初の個人総合優勝!

日本選手のワールドカップ個人総合優勝は史上初という快挙!

16歳4ケ月での達成となりFISワールドカップ史上最年少記録となります。

♦2013年

ヴァル・ディ・フィエンメ(イタリア)世界選手権 個人ノーマルヒル 日本人初銀メダル

同大会の団体混合では金メダル獲得

♦2013年12月7日より開催

ワールドカップでは2014年1月3日の第4戦まで4連勝し女子ジャンプ歴代最多勝利数記録の13勝に並ぶ。

その後の2014年1月11日の第6戦の札幌大会で14勝目をあげ、歴代単独1位など数々の記録を更新。

♦2014年2月

ソチオリンピック 個人ノーマルヒル4位入賞

♦2015年

ファールン大会 世界選手権 個人ノーマルヒル4位

              男女混合団体 3位

♦2017年

ラハティ大会  世界選手権 個人ノーマルヒル 3位

              男女混合団体   3位

ワールドカップ通算53勝 ※2017年3月12日時点

ここまでの成績を見ても、高梨沙羅選手の凄さが伺えますね(^^♪

♦高梨沙羅平昌オリンピック日程&日本放送時間♦

そして注目する高梨沙羅選手の、平昌オリンピックの日程と放送時間ですが!

♦高梨沙羅 平昌オリンピックの日程♦

◊日程:2018年2月12日(月・祝)

◊放送時間:PM9:30~PM11:20 (生中継)

◊NHK総合にて放送

♦高梨沙羅選手が、出場する女子スキージャンプは個人ノーマルヒルのみなので

 この2月12日の1日のみとなります!!

お見逃しのないように、要チェックしておいてくださいね!!

♦高梨沙羅 メダル予想&ライバル選手♦

◊メダル予想◊

高梨沙羅選手がメダルを獲得できるかどうか!

皆さん、個々に予想をしていると思いますが、私の予想は・・・

【金メダル!】

これは、ソチオリンピックの悔しさからのリベンジにかける高梨沙羅選手の強い思いと

わたくし個人的にメダルを獲得してほしいという願いから金メダルという予想を!

ソチオリンピック前までの今季の成績は13戦10勝。それらの試合すべてで3位以内と好調をキープしていた高梨沙羅選手。「金メダル確実」と言われていた高梨沙羅選手がなぜ、メダルを逃してしまったのか?

当時コーチである山田いずみ氏が以下のように述べてました。

技術的な部分でのミスもあったのですが…やはり気持ちの部分が大きかったかなと思いますね。緊張がいい方向に働かなかったというか。高梨は普段はプレッシャーをあまり感じない子なんですが、おそらくオリンピックは違ったんだと思います。本人も「身体があまりうまく動かなかった」ということを言っていましたから。

引用元:週刊ダイヤモンド

17歳という若さでオリンピックという大舞台にたち、他のオリンピック選手もよく仰ってますが、やはりオリンピックというのは他の大会と違う、ものすごい緊張が思いもよらず当日出てしまうのですね。

今回2度目のオリンピックとなり、21歳になった高梨沙羅選手のメンタル面の強さがカギとなりそうです。

◊高梨沙羅選 ライバル選手の存在◊

17歳に出場したソチオリンピックでは、メダル候補と言われていたのでライバルは今ほど注目されてなかったでしょうか?

しかし、ソチオリンピックでの結果は

•金メダル:カリーナ・フォークト(ドイツ)

•銀メダル:ダニエラ・イラシュコ=シュトルツ(オーストリア)

•銅メダル:コリン・マテル(フランス)

となっております。

この、ソチオリンピックで銀メダルをとった

♦ダニエラ・イラシュコ選手♦

画像引用元:Wikipedia

1983年11月21日 (34歳)

2018年1月28日スロベニア・リュブノで行われたノルディックスキーW杯ジャンプ女子第10戦にて優勝を果たしています!

そして新たなライバル

♦マーレン・ルンビ♦

国:ノルウェー

生年月日:1994年9月7日 (23歳)

2018年の第5戦日本札幌大会優勝で優勝し翌日の6戦でも優勝と2連勝しており今一番勢いのある選手です!

ダニエラ・イラシュコ選手が優勝した2018年1月28日スロベニア・リュブノでのW杯では2位という成績を残してます!

そしてとっても可愛い♥と評判ですね(^^♪

♦カタリナ・アルトハウス♦

国:ドイツ

生年月日:1996年5月23日 (21歳)

カタリナ・アルトハウス選手も2018年1月28日スロベニア・リュブノでのW杯で3位!

2018年に入ってから好成績を残している高梨沙羅選手のライバルですが、平昌オリンピックでも活躍が期待されています!

♦まとめ♦

ソチオリンピックからのリベンジに挑む高梨沙羅選手について、まとめてみました!平昌オリンピックでの高梨沙羅選手の日程や放送時間をチェックしてくださいね!

念願のメダル獲得を期待しつつ、ぜひ高梨沙羅選手のうれし涙を見たいので本当に頑張ってほしいですね(^^♪

スポンサーリンク







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク