スポンサーリンク

ドロ刑 -警視庁捜査三課-キャスト&あらすじや主題歌は?原作情報も!

Pocket
LINEで送る

日本テレビ系列にて

ドロ刑 -警視庁捜査三課-2018年10月13日(土)夜9時スタートします!

班目勉(まだらめつとむ)はぺーぺーの新米刑事です。

警視庁捜査三課という、窃盗事件の捜査を専門に行う部署に配属されましたが、思い描いていたような世界とはかけ離れた警察組織にうんざりして、目標を見失う日々を過ごしていました。

そんな彼の前に現れたのが怪しげな謎の男・煙鴉(けむりがらす)です。

不思議なその言動に振り回される班目でしたが、実は煙鴉の正体は希代の大泥棒だったのです。

彼は班目に、捜査のヒントを与えるようになり、その『泥棒』としての経験や知識を惜しみなく与え、その姿は次第にバディのようになっていく…そんな異色コンビをSexy Zoneの中島健人さんと実力派バイプレーヤーの遠藤憲一さんが演じます。

この異色コンビドラマのキャストやあらすじ、そして主題歌や原作情報などお伝えします!

ドロ刑 -警視庁捜査三課-キャストは?

班目勉(25歳):中島健人(Sexy Zone)

警視庁捜査三課13係に配属された新人刑事で、中身はイマドキの若者。

煙鴉:遠藤憲一

伝説の大泥棒。痕跡・証拠を残さないのに、なぜか現場にかすかなタバコの香りを残していく。

小平美希(26歳):石橋杏奈

元・警視庁の音楽隊隊員という異才のポジティブ天然刑事(ただし刑事経験ゼロ)。

皇子山隆俊(34歳):中村倫也

捜査一課出身の『元』エリートでプライドの塊

宝塚瑤子(40歳):江口のりこ

変装の達人という裏技を持つ刑事だがギャンブル大好きという顔も。

細面隆一(44歳):野間口徹

極度の人見知りで、窃盗の手口捜査のスペシャリスト。

霞沙織(30歳):田中道子

美脚を誇るスタイル抜群な科捜研の研究員。その美貌に男たちが寄ってくるが歯牙にもかけない。

宵町時雄(35歳):生島 翔

班目と煙鴉の行きつけのバーのマスターで、秘密厳守を信条としている。周囲の空気が読める人。

勝手田利治(44歳):丸山智己

元・指名手配犯専門の肉体派刑事。喧嘩っ早いのが玉にキズ。

左門陽作(51歳):板尾創路

酒好き、昭和の匂いがする元スリ専門刑事。

鯨岡千里:稲森いずみ

13係の司令塔、ただし、中身は天真爛漫でチャーミングな美人係長。

 

ドロ刑 -警視庁捜査三課-あらすじ

『捜査のすべては、ドロ刑に始まり、ドロ刑に終わる』…世の中の全ての犯罪の中で最多件数となるのが窃盗です。

警視庁捜査三課の通称『ドロ刑』は検挙率第一位の盗犯捜査のスペシャリスト集団です。

係長の 鯨岡を中心に個性が強すぎる刑事たちが集まっていますが、そのなかで新米刑事の班目は思うようにいかない捜査と、警察組織の現実に目標を失っている日々でした。

そんな班目のまえにふらりと現れたのが謎めいた男、煙鴉だったのです。

その漂う香りにはっとする班目、その香りはある現場で嗅いだことのあるものと同じだったのす。

煙鴉は飄々と班目に絡み、まさに煙に巻くようにあしらうのですが、なぜか窃盗犯たちの特性やその手口をあれこれレクチャーしていきました。

まるで『教官』のように班目を育てていくその煙鴉の意図がどこにあるのかはまだわかりません。

しかし、次第に二人は良いコンビになっていくのです。

ドロ刑 -警視庁捜査三課-主題歌

主題歌はSexy Zoneの新曲である『カラクリだらけのテンダネス』に決定しました。

この曲は、班目と煙鴉の二人のバディ的な、しかし“追いつ追われつ”する関係性を暗喩するような疾走感あふれる曲になっているとのこと。

Sexy Zoneのメンバーでもある中島健人さんも、その新曲が自身の主演作の主題歌に決定したことについて大変喜んでおり、ドラマの雰囲気を盛り上げてくれる可能性についても、大いに期待が持てそうです。

さらに、この曲の振り付けはみんなで踊って楽しめるセクシーなダンスになっており、既に煙鴉こと遠藤憲一さんも踊れるようになっているのだとか。

エンディングでオールキャストで楽しく踊ってくれないかなぁ、と期待してしまいますね。

ドロ刑 -警視庁捜査三課-原作情報

「週刊ヤングジャンプ」に連載中の、福田秀氏の『ドロ刑-DOROKEI』が原作です。

現在コミックス第一巻・第二巻が発売中で、第三巻がドラマ初回放送後の10月19日㈮に発売されます

ドロ刑 1【電子書籍】[ 福田秀 ]

ドロ刑 2【電子書籍】[ 福田秀 ]

まとめ

中島健人さんは映画やドラマで大活躍中ですが、意外なことに連ドラは4年ぶりとのこと。

刑事ドラマに出演することは、子供のころからの夢だったのだそうです。

また、希代の大泥棒・煙鴉を演じるのが名バイプレーヤーの遠藤憲一さんということで、二人のコンビがどんな化学変化を起こしていくのかが、今からとても楽しみですね!

お二人は9年前にも連ドラで共演されていたそうですが、中島さんが遠藤さんに『目の芝居が良いね』とお褒めの言葉を頂いたのだとか。

正体不明すぎて謎しか見えない煙鴉、そして次々と出現する窃盗犯たちに翻弄されながら、周囲の先輩たちにもまれながら、警察官としてのスキルを上げ、そして成長していく班目の姿がどのように変化していくのか?!

こんなふうに刑事と大泥棒がバディを組む作品は、珍しいですよね。

親子ほどの年齢さで、しかもこれほど極端に異なるキャラクターの組み合わせが面白くないはずがありません。

放送開始がとても楽しみです!

スポンサーリンク







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク